雪合戦研修とは?

海外でも注目! ウィンタースポーツである雪合戦を通してのコミュニケーションを活性

雪合戦専門会社のぶーにゃんコミュニケーション株式会社では、スポーツ雪合戦を通して、社会福祉の充実や子供たちの健全な体力向上を目指し、2015年12月に「雪合戦運営の専門会社」として起業いたしました。「いつでも」「どこでも」「だれとでも」楽しめる雪合戦をモットーに、人工雪を使って一年中(もちろん、真夏でも!)雪合戦を行えるサービスを展開しております。

例えば、学校法人様などではチームビルディングの方法で、チームを作り、それぞれのチーム名とフラッグ作り、準備運動、練習試合、雪球つくり、最後は雪球での3分間のゲームと云う流れでチーム内のコミュニケーションを活性化させ、普段は内向きな子供たちも他のメンバーと協力しながら言葉のコミュニケーションを活発化させて効果を上げています。また、企業様では新入社員のコミュニケーションツールとしても好評です。

例えば、今まではサッカーやバスケットボールなどでのスポーツ系チームビルディングは多いのですが、10~20人ともなると必ずと言って言いくらいに経験者が存在して、その人をリーダーとなる事が多く、他の人のモチベーションやブレイクスルー的な気付きのチャンスが少なくなります。

幸いな事に東京では、スポーツ雪合戦経験者は1%にも満たないので、受ける受講者全てがフラットな状況でスポーツ雪合戦を通したチームビルディング研修を享受することが出来、思わぬ成果があげられたケースもあります。

是非、一度体験していただきたいと存じます。

雪合戦研修をする3つの理由

こんな方々に受けていただきたい

研修プログラム

スポーツ雪合戦のルール


フォワード(FW)4人、バックス(BK) 3人、監督1名で構成
フォワード(FW)は自陣のバックラインより後退できない
時間内に相手の選手に全員当てると勝ち
相手のコートのフラッグを奪うと勝ち
相手コートに一度に3人までしか入れない
引き分けの際はビクトリースローで決着

雪合戦研修「ビズ雪」の流れ

●参加人数の目安:15名以上
●場所:雪山、運動場、体育館など
●タイムテーブルの例:
9:30〜9:55 集合
9:55〜10:00 研修の案内
10:00〜10:20 準備体操とルール説明
10:20〜10:55 チーム分け・雪球作り
10:55〜11:05 休憩
11:05〜12:00 雪合戦のゲームを実践1回目
12:00〜13:00 昼食
13:00〜14:30 午前の部の反省と対策
14:30〜15:45 雪合戦のゲーム実践2回目
15:45〜16:00 休憩
16:00〜16:30 総括・質疑応答

PAGE TOP